いくらでも見ていられる!わたしが大好きなInstagramのネコたち

わたしは小さい時からイヌを飼っていたこともあり、「イヌ派かネコ派か」という質問には「イヌ!」と答えていました。
しかし、わたしは知らなかっただけなのです。ネコの魅力を。

きっかけはInstagramで見つけた坂本美雨さんちのサバ美。
サバ美に出会ってからというものの、ネコの魅力にとりつかれてしまいました。

今回は、ふだん私がInstagramで追っかけているネコたちを紹介します。
かわいいのに、どこかヘンで、愛くるしい。

サバ美

歌手・坂本美雨さんちの愛猫サバ美。
本当はネコじゃなくて人間なのでは…?と思うくらい人っぽさを感じます。

娘のなまこちゃんが生まれてからは、その姿をみるのも楽しみのひとつです。

miu sakamotoさん(@miu_sakamoto)がシェアした投稿


自称「ネコ吸い妖怪」の坂本美雨さん、じつは「ネコの吸い方」という本も出しています。

幼いときからネコと暮らしてきた美雨さんのこれまでや、サバ美との出会い、愛護活動についてなど、美雨さんのネコへの愛が詰まった一冊です。

 ”ネコ吸い”とは愛情の交歓行為。歓びを交換し合うこと、ということです。
愛しているネコへの、どうにもならない溢れる気持ちを伝える行為です。
ゆうこりん
ネコってかわいい!と気づけたのはサバ美のおかげ。

コムちゃん

Cat’s ISSUEのディレクターを務める太田メグさんちのコムちゃん。
本当の名前はコムタン。コムタンスープのコムタン。

Cat’s ISSUEとは?
SUNDAY ISSUEと、ネコ親戚たち(ネコを通じて生まれたつながり)が、ネコ好きクリエイターと共にネコへの「偏愛」を発信するプロジェクト、それが 「Cat’s ISSUE」です。

溢れるネコへの愛情を抑えきれないアーティスト、デザイナー、編集者、歌手など、様々なクリエイターたちと、これまで展覧会やネコ新聞『The Cat’s Whiskers』の出版などを行い、それぞれの過剰なネコ愛を爆発させ表現してきました。2014年からは、SUNDAYISSUE代表太田メグが中心となり、POP-UPSTOREでの商品販売や、さまざまなネコ企画のプロデュースを行い、利益の一部をネコの保護活動に支援している。

息子のセコムくんとの生活をみていると、生まれたときからネコがいるのっていいなと思います。
コムちゃんは、セコムくんに爪をたてたりしないそうで、とてもやさしい。

Meg Ohtaさん(@megmilk5628)がシェアした投稿


ゆうこりん
他所様のお子さんの成長も見守っています。

ガルちゃん

料理人・青山有紀さんちのガルちゃん。本名はガルシア。
めずらしい色ですが、アメリカンショートヘアなんだそうです。

ミステリアスな雰囲気あってすてき。

暑いねぇ #garu_cat #ガル様

青山有紀さん(@yukiaoya)がシェアした投稿 –


ゆうこりん
ふくふくのマズルがかわいい〜

おはぎとおもち

刺繍作家の小菅くみさんちのおはぎとおもち。
黒い子がおはぎで、白い子がおもちです。

黒と白のネコを一緒に写真に撮るのってむずかしいらしいです。

MY CATs 凄いの住んでる ohagi&omochi

小菅くみさん(@kumikosuge)がシェアした投稿 –


ゆうこりん
男前なおはぎと甘えん坊のおもち。ヘンでかわいいって最高だな〜

ハニオとタビ

石田ゆり子さんちのハニオとタビ。


石田さんのインスタは2匹とゴールデンレトリバーのゆきちゃんの写真であふれていますが、つい最近はっちとみっつが新たに家族として加わり、もうどうぶつまみれ!

かわいいが大渋滞です。


ゆうこりん
ネコもかわいいけど、石田ゆり子さんと板谷由夏さんのやりとりもすきです。

くまおとこぐま

グレーのボディとつぶらな目がかわいい“くまお”と最近家族になった“こぐま”。
強そうな見た目に反して臆病なところがかわいいくまお。


くまおはどうやらお父さんが苦手らしく、ときおり見せる塩くまおが最高です。

父帰宅。#ilovecat #言葉にできない #こぐまはソファ下 #これが現実

くまお父さん(@kumaomaru)がシェアした投稿 –


ゆうこりん
くまおの父さんのことを思うと胸がくるしい

つぐ子となな子

ちょっと切りすぎたぱっつん前髪が特徴の“つぐこ”とビー玉みたいなまんまるな目がかわいい黒猫の“なな子”。

つぐ子の個性が強すぎて、人前で見るのは危険です。


ゆうこりん
#シッターさんのブレ撮りシリーズ がめちゃくちゃおもしろくて元気でます。

さいごに

動物全般だいすきなので、ほかにもいろんなアカウントをフォローしているのですが、今回はその中でもとくにだいすきなネコたちを紹介しました。

どうやらわたしは個性的なネコがすきみたいです。

どうぶつと暮らすことは、大変なこともあるけれど、本当にすばらしい。

いつかわたしもネコを家族に迎えたい!と思いながら、いろんなお家のネコを眺めています。

sponsored