フライト1時間前に航空券の予約ミスがわかったおはなし。

これまで何度も海外旅行をしていますが、大きなトラブルやアクシデントがおこったことはなく、おだやかに旅をしてきました。

しかし、事件がおこりました。

次の国へ移動するために空港へ行きチェックインしようとしたら、ちょうど1年後の日付の航空券を予約していたことが発覚したのです。

しかもフライトの1時間前に。

チェックインができない

ベトナムのクアラルンプールからシンガポールへ行くために空港へやってきました。

チェックインカウンターへ行くと、セルフチェックインをしてくれと言われたので機械を操作するもなぜがエラーに。

「チェックインができるのは出発時刻の14日前から1時間前までです。」

たしかにもうすぐ1時間前ではあるけど、まだ大丈夫なはずなのになぜだろう。

不思議に思いながらチェックイン手続きをしてもらいにカウンターに行きました。

スタッフの方も「あれ?」という顔をしていたそのとき。

「MISS!!!」

「あなたのチケットは2019年!1年後だよ!」

サービスカウンターに相談

「うわ〜〜〜〜、まじか〜〜〜〜〜〜」と思わず口から出ました。

このチケットは事前に手配していて、マレーシア入国の際にもスタッフに見せたり、これまでメールでも確認していたのですが、西暦が違うことにはまったく気づきませんでした。

この時点でフライト1時間前だったので「新しくチケットがとれるのか」、「そもそも席が空いているのか」とつぎつぎ不安なことが。

動揺しながらも航空会社のサービスカウンターへ行き、予約を間違えたこと、チケットを取り直したいことをなんとか伝えると、予定していたフライトのチケットを購入できることに。

再購入はなってしまいましたが、幸運にも乗りたいフライトの席が空いており、さらにクアラルンプール〜シンガポール間は航空券が安く1万円もかからずに済みました。

そのあともすでに搭乗がはじまっていたのに気づかずファイナルコールで滑り込んだりとバタバタしてしまいましたが、予定していたフライトに間に合い、無事にシンガポールに到着。

さいごに

このような出来事は初めてだったのですが、移動が多く航空券の手配を何度もしていたので確認が甘くなっていました。

やはり慣れがでてきた頃は危険です。

もし航空券の手配ミスが発覚したら、まずはサービスカウンターへ行って相談してみてください。(一番は予約する時点でよく確認しないとですね…)

今回のアクシデントが読んでくださった方の役に立つことがあれば幸いです。

sponsored