開放感がたまらない。南池袋公園のカフェ「Racines FARM to PARK」

池袋は学生時代にアルバイトをしていた場所だったこともあり思い出がある街です。
駅の中のお店で働いていたため道案内をすることが多く、駅周辺の複雑な道も記憶してしまったほど。

辞めてからはなかなか訪れることがなかったのですが、先日撮影の下見で久しぶりに行く機会があったので周辺をぶらぶらしてみました。
新しい商業施設ができていたり、当時とは違うお店になっていたりと、数年も経てば街の雰囲気も変わっていきますね。

今日は働いていた当時はまだなかった南池袋公園の中にあるカフェ「Racines FARM to PARK(ラシーヌファームトゥーパーク)」をご紹介します。

開放感バツグンの公園カフェ

お店があるのは池袋の東口から徒歩5分ほどの南池袋公園の中。

繁華街を抜けると突然見えてくる芝生。
雑居ビルが立ち並ぶ中、突然この景色が見えたら吸い寄せられてしまいます。

1階と2階に席があるのですが、おすすめは2階。
席数も多く、電源やWi-Fiもあるので作業しやすい環境です。

天気がとても良かったので、窓から差し込む光がとてもきれいでした。



外の座席も気持ちよさそうです。
この日は芝生のお手入れ期間で入れなかったのですが、こんな都会の真ん中でゴロゴロできたら最高ですね。


都内のカフェは大抵どこも人が多く、座れる場所を見つけるだけでも一苦労です。
さらに電源やWi-fiがあるところとなると空いてるかはもう運次第。

ここは比較的駅から近いのに混み合っておらずとても居心地がよかったです。
都心で開放感があるカフェはなかなか無いので池袋に来たらつい足を運んでしまう場所になりそうです。

店舗情報


[店舗名]Racines FARM to PARK
[営業時間](平日)8:00〜22:00(土日)9:00〜22:00
[店休日]不定休
[住所]東京都豊島区南池袋2-21-1 豊島区南池袋公園内
[URL]https://racines-park.com/

sponsored