自分好みにカスタマイズ。高田馬場のカフェオレ専門店「Cafe au lait Tokyo(カフェオレトーキョー)」

ずいぶんと寒くなり温かい飲み物が欠かせなくなってきました。
私はよくコーヒーをよく飲むのですがブラックは胃もたれしてしまうことがあるのでミルクをいれることが多いんです。

同じようにミルクを入れる人や「コーヒーは苦手だけどカフェラテやカフェオレは好き」という人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
さらにその日の気分によって甘さや味の変化も欲しいですよね。

実はミルクの種類や甘味を自分の好みにカスタマイズできるカフェオレ専門店があるんです。

今回は高田馬場にある「Cafe au lait Tokyo(カフェオレトーキョー)」をご紹介します。

Cafe au lait Tokyoへの行き方

お店は高田馬場駅の戸山口のすぐそば。10秒もあれば着いてしまう近さです。

改札を出て右へ行き(西側)、左手に「あげてまっせ」が見えたらもうすぐそこ。道路をはさんで右側にみえるお店がCafe au lait Tokyoです。

入り口には大きなカウンターがあり開放的な雰囲気です。
カフェを利用する場合はカウンターで注文、ランチの場合は2階へと案内されます。
ランチはボリュームたっぷりのサンドウィッチや自家製ビーフシチューがあるそうです。


自分だけのカフェオレ

ドリンクメニューは3種類のみ。
そこからミルクの種類や甘さを選んでいき、自分好みのカフェオレにカスタマイズしていきます。(フラッペはカスタマイズ不可)

■ホットカフェオレ
カフェオレにあうよう特別にブレンドしたコーヒー豆を一杯ずつ丁寧にハンドドリップ。たっぷりの濃厚なミルクとあわせます。カフェオレ好きはもちろん、コーヒーが苦手な人にもおすすめです。

■アイスカフェオレ
飲んでいるうちにより美味しくなるマジカルなカフェオレ。カフェオレを凍らせた氷を使っているので、時間が経っても水で薄まることもなく、逆に濃厚になり最後まで美味しくいただけます。

■カフェオレフラッペ
カフェオレとコーヒーを凍らせた氷。この2種類の氷をベースに作るカフェオレ専門店ならではのカフェオレフラッペ。時間が経つほどに2つの味が溶け出して、より美味しくなっていく自慢の一品です。

Cafe au lait Tokyo WEBサイトより

Cafe au lait Tokyo WEBサイトより

まずはミルクの種類と量を選びます。

  • ミルク
  • 低脂肪ミルク
  • 豆乳
ミルク以外に豆乳も選べるのがうれしいですよね。

量は「多め」がお店のおすすめだそうです。
私はあまりたくさんは飲めないかなと思い「ふつう」にしたのですが、よくよく考えたら「多め」も「たっぷり」も値段が同じってすごくないですか…?

そして甘味の種類と量を選びます。

  • 砂糖
  • 黒糖
  • カロリーオフ
  • 蜂蜜(+30円)
  • 練乳(+30円)
お好みで生クリーム(+50円)やホイップ(+50円)、タピオカ(+100円)のトッピングも可能です。

Cafe au lait Tokyo

私はホットのふつうサイズを豆乳+蜂蜜(甘さふつう)でオーダーしました。
カフェオレに蜂蜜をいれるの好きなんです。

まろやかで飲みやすく、コーヒーよりもミルクの味がしっかりするのでコーヒーが苦手な人にもおすすめ。
甘さはふつうにしましたが、ひかえめにしてもよかったかな、という感じです。

ホットにはカフェオレボウルという持ち手がない器が使われています。
両手で持って味わうカフェオレはすごくほっこりした気持ちになりました。
マグカップのように片手で持てると何かしながら飲んでしまうので、たまにはこういうのもいいですね。

Cafe au lait Tokyo店内

店内はテーブル席だけでなく、ソファ席やカウンター席もあります。
カウンター席には電源があり、店内はWi-Fiも使用可能。
そして、お手洗いが広くてキレイ!(とても大切)

駅周辺のカフェは混んでいることが多いので、この環境とアクセスの良さは本当にありがたいです。


Cafe au lait Tokyoは2019年6月にオープンしたお店。
コーヒーショップはたくさんありますが、カフェオレ専門店ってそういえばなかったですよね。
いろんな味の選択肢があってついつい悩んじゃいますが、ぜひ自分の好きな味を見つけてほっと一息ついてください。

店舗情報


[店舗名]Cafe au lait Tokyo(カフェオレトーキョー)
[営業時間]8:00〜20:00 (ラストオーダー 19:45)
[住所]東京都新宿区高田馬場 4-2-28 THE FACTORY BY DREAMS INC. B1
[URL]http://cafeaulait.tokyo/

sponsored