2018年、実験をした年でした。

2018年はいろんな実験をした一年でした。

・フリーランスになった
・旅しながら仕事をしてみた
・オンラインコミュニティに入った
・オンラインシェアハウスをはじめた

なんといっても今年一番の変化はフリーランスになったこと。

慣れないこともたくさんあり、いかに守られて生きていたかを感じる場面がたくさんありました。
意志や意欲が無ければ自由を楽しむことはできない、「自由=ラク」ではないことを体感しました。

フリーランスは決して甘くないなと感じる一方で旅しながら仕事をすることを選択できたのはとても嬉しいことでした。
国内の短めの旅からはじめて、夏には東南アジアを1ヶ月半旅してきました。

軽やかに楽しそうに世界を巡るあの人も、いろんなことに気をつけながら旅しているんだなと気づいたり、慣れた暮らしから離れることで、何にストレスを感じやすいか、逆にどんなことに喜びを感じるのかを知り、自分に合った旅の形が見えた期間でした。

念願のタイ・チェンマイ

そして今年の出来事として欠かせないのが、オンラインコミュニティにはいったこと。

伊佐知美さん主宰の「旅と写真と文章と」やタクロコマさん主宰の「もとくらの写真/現像室」の2つに所属しました。

好きなものや、価値観が似ている人たちの集まりは、めちゃくちゃおもしろい。
オンラインでもこれだけ楽しくわいわいと過ごせることに驚きました。

「旅と写真と文章と」初めてのフォトウォーク

どちらのコミュニティにも共通しているのは、「似ているけれど一人ひとり違う人間であり、尊重し合うこと」
そうやって作られたコミュニティはやっぱり居心地が良いし、いい出会いがたくさんありました。

そして、「旅と写真と文章と」での出会いがきっかけではじめたのがオンラインシェアハウス。
こんな場所があったらいいなと思ったらやってみればいいのか、とはじめてみたところ、想像よりも楽しくて、あのとき思いつきでいってみてよかったなと思っています。

そんな感じで、今年は初めてのことがたくさんあり、いろんな実験をした一年でした。
やってみたからこそ知れた良いこと・悪いことがたくさんありましたし、いくつになっても学ぶことだらけですね。

来年も小さなことでも自分の関心事に耳を傾けながら、いろんなことを吸収していけたらと思います。

では、良いお年を。

sponsored