クアラルンプールのホステル「The Bed KLCC」が快適すぎました。

タイ、ベトナムに滞在したあと向かったのはマレーシアのクアラルンプール。
宿泊先を探していてもあまりピンとくる場所がなく、どうしようかと悩んでいたときに見つけたのが「The Bed KLCC」でした。

これまで泊まってきたホステルの中も1番といっていいくらい快適に過ごすことができたので、みなさんにもご紹介したいと思います。

アクセスの良い立地

まるい形をしたビルの1階に入口があります。

ホステルがあるのはKLモノレール「Bukit Nanas」駅から徒歩5分ほどの場所。
KLセントラル駅からは乗換なしで行くことができます。

はじめはクアラルンプールの中心となるKLセントラルからは離れているので「立地はあまり良くないけれど、予算も考えるとしょうがない」という少しネガティブな印象でした。

しかし実際に滞在してみると、クアラルンプールタワーやペトロナスツインタワーへ徒歩で行けるだけでなく、ショッピングにおすすめのパビリオンへも徒歩で行ける非常に便利な場所にありました。(ホステルから2分ほどの場所からクアラルンプール市内を走る無料シャトルバスにも乗れます)

きれいな共用スペース



ラウンジはクッションがあり横になれる場所があるスペースと、大きなテーブルがあるキッチンスペースがあります。
利用している人は少なめなので、ラウンジでの作業も静かに集中してできます。

シャワー、トイレはきれいで数も十分にあります。(写真の奥にも洗面台とトイレがあります)
シャワーブースは狭いため中に荷物を持ち込むと濡れてしまうので、タオルや着替えは外のフックにかけていました。

広々としたベッド室内


予約時には男女共用ドミトリーしか手配できなかったのですが、女性専用ドミトリーが空いていたのでアップグレードしてもらえました。
ホステルの入り口、ドミトリーに入るにはカードキーが必要なためセキュリティも万全です。

個室内はベッドの周りにも荷物がおけるほどの余裕があり、さらにポールや小さな棚、鏡もついており、あったら便利だなと思うものが揃っています。

さらにとてもありがたかったのが、チェックイン時にバスタオルを1枚貸し出ししてもらえるのですが、毎日新しいものと交換してもらえたことでした。
清潔なタオルが使える上に洗濯物がふえないのは本当に助かります。

さいごに

宿泊先がいくらアクセスがいい場所であっても、居心地が悪いとストレスがたまってしまいます。
元気に楽しく旅をするためにも、滞在時間の半分近くをしめるであろう宿泊先の快適さはとても重要です。

今回泊まったThe Bed KLCCは、またクアラルンプールに来たら利用したいと思うほど立地や清潔さの面でも大満足でした。
この記事がクアラルンプールでの宿泊先を探している人のお役にたてればうれしいです。

ホステル情報

[ホステル名]The Bed KLCC
[住所]VORTEX KLCC, 12, Jalan Sultan Ismail, Kuala Lumpur, 50250 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
※チェックイン時にデポジット50リンギット必要
※朝食あり

sponsored